So-net無料ブログ作成
検索選択
映画感想 ブログトップ

ナルニア国物語 [映画感想]

何かまた燃え尽きててすみません…
大したことはしてませんが、小さいことで刺激のあることが続いています。刺激のあることは仕事につながったりで非常に重要なことなんですが、しなくてはいけないことが後回しになったりでいけません。
やらねばならない、と思うとできなくなる脳みその能力のなさよ…
(期待かけられすぎても駄目だったりで、ホント能力なし…)

ナルニア国物語、観てきました。

面白かった!!
原作有名ですが読んでないのです。図書館にあるの何度も見てたのにネ。
子供の時に読んでいたらまた感想違うのかも。タンスの中が異世界に、というのは自分でも考えたり夢見たりしてましたから(私の見た夢はドアが地獄とつながっていて悪夢でしたが)、子供の時に読んでたらドキドキ感はもっともっとあったでしょう。

一番下のルーシーがすごくかわいい&一番感情移入したなー。
かわいいのと面白いのちょうど中間のような顔で。うまくいくと将来ドリュー・バリモアとリヴ・タイラーを合わせたような感じになるかな。

言っても信じてもらえない、一緒にナルニアに入って味方になってくれると思った次男エドマンドからは裏切るような言葉、ともう画面のルーシーと一緒になってうれしくなったり泣いたりしてました。ルーシーせつなス。アスランがどうなるかも予想はついてたけどやっぱり悲しくなったり。

本当に指輪物語とは対局なんですな。
作り込む派のファンタジーとは違い、子供の視点でのワクワク感、願望の成就が真正面から描かれていてうれしくなりますな。

「この種族はどういう成り立ちでこの世界にいるのかな」「ここの物理法則はどうなっているのかな」「こちらの世界との共通点はなぜあるのかな」「なぜ動物の形態のものが人と話せるのかな」など、なぜどうしてをすぐ考えてしまう斎藤は(野暮ともいいます)、どちらかというと指輪の方が好みだったりはするのですが、ナルニアはあえてそこ外してるんだろうなー、と。理屈ではないとこの面白さの追求なのかな。

映画で見た限りの感想になりますが、兄弟のあり方、感情の持ち方が秀逸で、状況、気持ちの変化に伴う行動が非常に自然。
理屈先行で禁欲的で崇高な理念が描かれる、男性的で理数っぽさを感じる指輪に対し、希望することにより状況は変わっていき、世界を変え、等身大で素直な感情が大事にされ、大らかで女性的で(少年的の方がしっくりくるかな)文系なナルニア、なのかなと。

両作品ともほぼ同じ時期に書かれているというのが面白いですな。
親友だったルイスとトールキンは、作品が書かれたころは疎遠になっていたようですが、そこも面白い。
疎遠になった理由はいろいろ推測されているようですが、上記のように作品の質の違いを考えると宗教観の違いはやはりあるのかな、という感じがします。(トールキンはカソリック、ルイスはプロテスタント)

映画の撮り方も指輪とナルニア、ある意味対照的なのかな、と。WETAが両方とも製作に関わっていたり、ニュージーランドで撮影していたり、とか共通点はいろいろある両作品ですが、撮り方は全くもって違いますな。

映画の撮り方は原作とは逆ベクトルな感じを受けるのが面白い。
指輪のピータージャクソン監督は即興の面白さで、物理法則無視してでも見栄えやケレン味を大事にしている感じを受けますが、ナルニアは画面キッチリと、仰々しいのやビックリする演出は避け正統派な感じ。外の広がりより枠内を、というように感じました。

指輪は下地がしっかりしすぎてる位ガッチリなので、遊びがいろいろできたのかな。ナルニアは下地が緩やかというか変動的なのでその分映像ではしっかりしないとあやふや過ぎて駄目だったのかも。
そういった点でナルニアの映画はちょっと優等生すぎて刺激に欠けるとこあるように思いますが、そこがいいとこでもあるのかな。ある意味スキがない。

PJがナルニア撮っていたらとんでもなかっただろうから(キングコングみたいになっていたか…?←好きなんだけど切れない刺激と笑えるグロさで観ている人はついていってるのか観てて心配になった…)アンドリュー・アダムソン監督でよかったんだろうなぁ。(思えば2人ともニュージーランド人か。)

そういえば、
タムナスさんとルーシーがとても好きになりましたが、観ている最中で何度もタムナスさんの名前を忘れて困った。なぜか頭の中でヘムレンさんに変化。(それはムーミン…)タムナスさんは「さん」付けがやっぱデフォなのでしょうか。

白の魔女は見てると雪の女王やはり思い出しますネ。出会いは北欧の森な感じで昔いろいろ読んだ童話を思い出したりも。
(ここらの寒い感じ、ソリに乗って移動とか旅をする、とかは自分の空想の原点でもあります。椅子をトナカイとか馬に仕立ててよく一人で旅ごっこしたりして。)
女王とカイのような関係でいくのかと思ったら、魔女はもっと短気で人間的で怖かったですな。魔女役のティルダ・スウィントンも怖くてかっこいい。(少しケイト・ブランシェットに近い感じもする。ケイトの方が柔らかい感じの人ですが)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
映画感想 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。